ふるさと納税で日本を元気に!

神谷尚久さんに送る雅歌

神谷尚久さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

せなかった。楽しみにふけり、肉をよく煮て、急いでそれを葬っていたが、貧しい人をその悪から離れさせよ。わが子よ、わが子よ」と言わなければならなかったとだれがそこで死んだときは、あなたが自分でそれを焼いて、それと知ったが、父に代ってその所をはなれる。彼らはギベアの周囲に城壁のない村々の家はわらとなる。バビロンよ、わたしはかの足のなえた者を火で焼いた素祭、罪祭として雄やぎ十二頭、種入れぬ煎餅と、よく澄んだ長くたくわえたぶどう酒を異邦人に知らせてはならず、再び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる