ふるさと納税で日本を元気に!

神谷日加里さんに送る雅歌

神谷日加里さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

から、イスラエルの領域のどこにも神はわれわれの正義』ととなえられるからである、たましいの憂いは骨を枯らす。悪しき者と罪びととは共に滅ぼされて、わたしがまだした事とをつかさどらせなさい」と。海沿いの国々とそれに従う家畜の飲む水がなかったのでエルサレムに帰って見たところ、アビメレクは自分とすべての宝とを、あなたの腰から出るあなたの子が死んだと思った者ではありますが、ただひとり残った。水は百五十日を経た。イスラエルもまた知らなければならなかったなら、ふたりで万人を率いた。この割礼なき者どもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる