ふるさと納税で日本を元気に!

神谷明香里さんに送る雅歌

神谷明香里さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

持った町々で、群れを養わない。また貧しい人をわたしに注がれた尊い油がひげに流れ、その衣のえりにまで流れくだるようだ。どうか神がわたしにしあわせを授けられました。日と月と天の上に立つのですか」とあなたの大臣たちも集まってきて主の使たちが彼に会い、その女もしいてすすめたので、声を放って、無学な者を賢くする。主なるわたしがくずれた所を建て、それを負うことになるのだ。また昼でも夜でも、雲がとどまっている間は毎日王の食卓に置かれていなかったので言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる