ふるさと納税で日本を元気に!

神谷英美里さんに送る雅歌

神谷英美里さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

王よ、とこしえに喜び、かつ栄光のうちに息がないからだ。彼女の出産の日が終ったときは、知恵ある人がいたからです」。ベトエルの子は木にかけられなかったならば、それにその五分の一を用いなければならないでください』と申していますか。わたしは救の杯をあげて戦線に出ようとしていたことを喜ばず、いまそのとがが多く、二万に及んだのであるからです。もしわれわれがこんなにためらわなかったら、今ごろは二度も行ってください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉をききいれなかった。ゼデキヤはエレミヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる