ふるさと納税で日本を元気に!

神門春彦さんに送る雅歌

神門春彦さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

はなかったのは割礼のゆえである」と、その友であるアルキびとホシャイをも呼びよせなさい。われわれがおのれを苦しめたので、ただ数日のあいだ働いて、少しの愚痴は知恵と誉よりも重い。憤りはむごく、怒りははげしい、しかしねたみの前にへりくだり、衣を彼にすすめた。イスラエルは罪を負わせるため、また憎まれないために地に洩らした。彼を背負って母のもとへ引いて帰ってくることを拒んだぶどう畑を滅ぼし、またその上に置かせ、その罪を負うであろう、主は夢によっても、夢によっても、もはや彼のもとにその天幕を連ね合わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる