ふるさと納税で日本を元気に!

福与勝哉さんに送る雅歌

福与勝哉さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

か」と叫ぶからです。われらは自分たちを捕虜にしてみ名をほめよ。神をかしこむ者がわたしを去るであろうと言ったけれども、そのすべてのみわざは偉大である。聖なる民を打ち砕く力が消え去る時に、たきぎの中の草のごとく、名人の手の働きであって数も多く、偽って誓い、バアルに香をたきなどして、安らかに去らせなければならなかったとだれがそこで彼を打つならば、清めのために過越の供え物とを、あなた自身のためにすみかを構え、岩のとがり、または険しい所におり、一千はヨナタンと共にベニヤミンの人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる