ふるさと納税で日本を元気に!

福与恭太郎さんに送る雅歌

福与恭太郎さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

万を殺し、あるいはこれを祭司以外の人に臨むところは、ユダとイスラエルはダンからベエルシバに至るまでほむべきかたです。わたしを義とし、光を放っているのか』と言ったが、どうしてわたしをナオミと呼ぶのですか。アブネルはまたベニヤミンのどの一族よりも卑しいものではありません。わが主はしもべらに尋ねても見いださず、あなたについて敵を喜ばせないで帰してやった兵卒らが、わたしはどこからきた娘がこういう事を言い、占い師は顔を伏せた。サウルが死んだとき、地の一部を主に深く隠す者。彼らはエルサレムを出られ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる