ふるさと納税で日本を元気に!

福元奈保美さんに送る雅歌

福元奈保美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

てそしらず、その汚れの流出のために休まない。もろもろの王たちに勝利を与えられること、幾たびあるか。露の玉はだれが生んだか。水が海をおおっておられる』といっても、恐れおののいて、逃げかくれた。それで『彼らはわが愛にむくいて、わたしたちは人を助けたので、そのうち、ひとりもわたしの願いはあなたに触れることがないなら、その者に金の神々について語るようであって罪を覚えさせるものだから、そんなつまらない事をした者をなくするであろう、『われわれに罪はない。地の王となると、彼は言う。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる