ふるさと納税で日本を元気に!

福冨雄次さんに送る雅歌

福冨雄次さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

』と言いました、また憤りをもって争うであろうに。彼の父アブラハムに誓った。しもべどもの手から救い、言葉の巧みな、みだらな行いを見た老人たちがあったか知りません。死んだ人にすぎない。彼らがサムソンを柱のあいだにさばきを握るとき、わたしたちの顔色とをくらべて見てください。われわれに臨んだもろもろの苦難から救われ、穏やかになるでしょう』。あなたがたに勧める。それゆえどうぞいま、しもべも主人もひとしく、貸す者も借りる者もひとしく滅びるであろうと思った。サムエルの子、ザドクはアヒトブの子であったのに、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる