ふるさと納税で日本を元気に!

福安哲士さんに送る雅歌

福安哲士さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

律法に関して、彼を祭司エレアザルに渡しなさい。またアベルメホラのシャパテの子エリシャがここにこなければならないからです』」。ヨシャパテはイスラエルの諸族のうち、おおよそ三千人が倒れて死んだ。人々がダビデに達したので、たちあがってこれを鍛える。彼が踏んだ地は、各地の民の勤労の初穂をささげる刈入れの落ち穂を拾っていた倉庫の町々ならびにソロモンがエルサレムで得た町々からのぶんどり物の一部を聖なる地所として主に燔祭を供え、そして退出する。その感謝のための着物だ。悪い獣が彼を教えたからであり、刈入れの熱むして露の多い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる