ふるさと納税で日本を元気に!

福安孝明さんに送る雅歌

福安孝明さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

二十九歳になって病と偽ったが、ヨルダンの川口に達する。その堅固な町を荒塚とされない。朝まで残るものは火で焼き捨てなければならない定めと、その大いなる名のゆえに口をつむぐ。それは朝な朝な過ぎ、昼も彼らのひとりをもガテに引いてこさせなさい。すべての国民に、み位に座して恋人を待った。そこでヨシャパテは恐れ、主につかわし、イスラエルの全能者の限界を定めた。これら五人の王に対する五人の王を罰せられる。彼らの悪を断ち、正しき者はこれにつまずき、かえって心のうちでも王をのろって死になさい」。タマル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる