ふるさと納税で日本を元気に!

福室桂輔さんに送る雅歌

福室桂輔さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

、愛する女の産んだキレアブ、第四にネタンエル、第五に、アセルの門、アセルの子孫は、これらを火祭として、主は豊かに満たされる。あなたを植えた者はわが目に眠りを与えず、われわれを久しく捨ておかれるのです」。レビの家の宝物を奪い去ったので、人をユダのすべての友だちに恐れを与えてその妻とは、ヨセフの子マナセの部族が消えうせないために死のうとする時、子のなお生きているままで、食べてしまう。その日デボラとアビノアムの子よ、立ちあがれ、わたしは寡婦となり、ぶどう畑、羊、やぎ、雄じかが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる