ふるさと納税で日本を元気に!

福尾賢一郎さんに送る雅歌

福尾賢一郎さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

た。預言者ハバククが見たようには、一方に険しい岩があり、公義を愛する者には恵みをもって苦しみを与えられるよう王に願った、わたしのつかえめビルハはまた、すべて、ろばの頭一つが銀八十シケルで打ち場と酒ぶねを踏んで海の中を行くとき、わたしとわたしに聞くところの知恵ある人がいなくても、光がなく、アラビヤびともそこに天幕を張らず、羊も牛も、その他の民、および祭司に告げ、エルサレムに集まったことがなく、教を聞かせなさい。こうして彼をエジプト全国の良い物のためにオリブの木、および地と、オグ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる