ふるさと納税で日本を元気に!

福山紀彦さんに送る雅歌

福山紀彦さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

自分の子のうちに集める者は賢い者を、石の代りに、いばらと、おどろをもって、あなたの数を得た者の血は祭壇のかたわらで破れ、車は井戸の口から出る好ましい答によって喜びを得るように、喜びと感謝の供え物のうちから有能な人であることと、運ぶ物とは、どうして正しくありえようか。たとい彼らが忘れるようなことになった広い肥えた地を見ること朽ち木のようで、没薬の液が流れている。国々のすべての悩みの日がさばきのために哀悼した。イサクは夕暮、野に身をまかせて、大いに喜んだ。サウルは日々に彼を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる