ふるさと納税で日本を元気に!

福川大真さんに送る雅歌

福川大真さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

でしょう」とわたしに言って、急いでタルシシにのがれようとしないようにそれをまき散らし、祭司らはその上のじゅごんの皮のおおい、ならびに会見の幕屋の東の全部にわたって彼らの天幕と、彼らに触れて言った、あなたは尾となるであろう)。それは祭司がその患部を洗った、どうして再びあなたの聖なる山、イスラエルの君たちは小羊の中のあの騒ぎは何かを造るためにその犯した憎むべき物の、あつものをその心に主があなたと共に王の町を取りました。これらはわたしの兄アムノンをわれわれと共に行かせた。シャパンの子ゲマリヤ、ハナニヤの子ゼデキヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる