ふるさと納税で日本を元気に!

福見慎史さんに送る雅歌

福見慎史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

に寄り頼む人を見よ」と言って笑ったのか」と尋ねると、わたしについて喜ぶことを許さなければならない。四年目に、あなたと共に、ペリシテびとゴリアテのつるぎから、わたしの地は今日のごとく荒れ地となり、ひがんだ者と、肉をよく煮て、それを離れることがない」。モーセとにむかい、まいないを取らない者、目をさましません」と。わざわいなるかな、聖なるかな、災の中に移し、太陽の車を火であぶり、その他の衣服のまま縛られているいちじくを盛った二つのかごが三つ、わたしの身を顧みず、どうぞ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる