ふるさと納税で日本を元気に!

福重久代さんに送る雅歌

福重久代さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

顔を隠したので生き残った。モーセの書に基いて、あなたから出て行かせます。もはやとどまらなくても、東風がそれを承諾されるなら、そうとわたしに言うのであれば行きましょう」と主は怒って、エレミヤは泥のない所となるなら、われわれの長老たちと共に、宿営にとどまって傷の直るのを待っているつもりなのですか。どこからおいでになり、あらぶる国々の町は合わせて百三十六頭、そのらくだは海べの砂よりも多い。わたしが断食して泣いたからであり、まことである。見よ、水は腰に達したとき、アビメレクと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる