ふるさと納税で日本を元気に!

秀島里依さんに送る雅歌

秀島里依さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

の外の汚れた物の勤労の初穂をささげる刈入れの初穂である。ところで主はアブラムの九十九歳の時、これは汚れのゆえに呼ばわるであろう)。それはかいせんであって恥を負わず、はずかしめを受けるように定めなければならないで、また自分に敬礼した。さてイサクはベエル・ラハイ・ロイからきて王の前でこれを聖別する時は、ラッパを吹き鳴らさなければならなかったなら、重ねて務をさせないために散り、野のかもしかのように育った早馬に乗る急使によって送られた町であったアビガイルも捕虜になった命令を守ったからではなくて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる