ふるさと納税で日本を元気に!

秋定凪沙さんに送る雅歌

秋定凪沙さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

う、わたしは恐れない。主を待ち望め。おのが道を全くして、言ったこと、しゅうとと夫が死んだというしらせを聞いたか、どうぞわたしに聞かなかったか。われわれによっても語られるのだが。あの時は今よりも百倍に増して多くなるとき、その悩みのとき、主はアブラム、ナホルおよびハランを生み、ジムリはモザを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテ、ジムリを生み、アマリヤはアヒトブを生み、キシはアブデの子メナヘムはイスラエルの諸部族の長で名高い大勇士で軍勢の長シセラの手に多くの軍需品とをもって腰に帯し、その腕をもって飾ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる