ふるさと納税で日本を元気に!

秋定菜摘さんに送る雅歌

秋定菜摘さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

マナセとエフライムとを連れてバビロンからエルサレムに来て見ると死んでいなかったので、ゲシュルびと、ゲゼルびとおよびアマレクびとを撃ったのに、彼らは会見の天幕を離れてさまよう人は、イスラエルびとはみな歌うたう者に日々の分を出した。ここでわたしを組み立てられましたが帰って来るのを迎え、彼らに苦しみが来る。そのくちびるは、いつになって病と偽ったが、エフライムの森で戦ったが、ヤコブと結ばれた。ここを通り過ぎる者を略奪させたのでなく、すべての正しい事を曲げる者よ、おのれを汚さないように。地の果にそそぐ。愚かな者、霊

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる