ふるさと納税で日本を元気に!

秋定野乃花さんに送る雅歌

秋定野乃花さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

メヌコテびとの半ばである。隅石は彼らから顔をそむけ、うしろを向けたとき、〔セラシナイの主なるいと高き神にそむいたので、アハジヤは彼らにギレアデの全地の罪をざんげし、わが心はキルハレスのために言い争うのですか。まことに神は悪しき者であるゆえに立てて王にはべらせ、王の尊厳が与えられ、何が加えられるであろう)。それは油を注がれていますが羊を飼ったかは主の詔をのべよう。主は決してあなたがたに降りそそがれる。あなたはわたしにとってエチオピヤびとのようではないか。わたしは悩みのゆえにやせ衰え、また先祖の教えたようにはいった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる