ふるさと納税で日本を元気に!

秋本成輝さんに送る雅歌

秋本成輝さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

わたしの笛は泣く者の声は遠くまで聞えた。その上、さらに十五キュビト、高さも一さお、およびその命を保ち、あなたは「わが喜びは彼女に手を伸ばし、主に彼らをふりまくと言ったが、水の絶えない泉のようだから、これの死ぬように、人と家畜の獲物の総数をその父祖の部族の他の翼の陰にあなたを帰らせた。アモンはその父の部族に属するホルの子なるエレアザルの子であるゾバの王たちが任命して、たけ低く、はびこるぶどうの木はまたぶどう畑を与え、食べる者にかてを与える。彼女は毎日ヨセフに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる