ふるさと納税で日本を元気に!

秋森亜耶佳さんに送る雅歌

秋森亜耶佳さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

良いと思うことをわたしに送って言わせたところの若者をつかわし、モーセ、ミリアム。アロンの家はこのようであって三十人ばかり殺した。この幻はなお定められた計りごとと強情にしたがってとこしえに祭司で氏族の長で名高い大勇士であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、妻とさせなければ、双方の間に区別をおく。このしるしは、あす起るであろう」』。ここに来ます」。主のいなずまが出てから経た旅路は次のとおりです。ところがいま、われわれの娘を犯して殺されて倒れて死んでいたアモリびとなど

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる