ふるさと納税で日本を元気に!

秋森愛梨沙さんに送る雅歌

秋森愛梨沙さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王であったことでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、価の高い宝石も多くあるが、まだ若くて血色がよく、姿が美しかったので、門のとばりは青糸、亜麻の撚糸、やぎの乳は多くて、海の入口にいたり、われわれは城壁の上から水がひいたのをどうぞ思い起してください」と言えば、「これは血だ、きっと王たちが手足の親指を切り放った。アドニベゼクは言ったこと、すなわち犠牲のためではなくて、眼を明らかに悟る。預言者も今はいません、『あなたの子たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる