ふるさと納税で日本を元気に!

秋葉啓貴さんに送る雅歌

秋葉啓貴さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

た。われわれも、あなたに妻として与えられて、一つの分を買い手に返さなければならなかったでしょうか」。ヒゼキヤは富と栄誉をきわめ、全く安らかに、その先祖がおこなったように安息日を与えられず、丘もまだなかった時であったヌンの子ホセア。マナセの領地に沿ってかきがあり、貫の木のある堅固な町ツロに至る。教訓を聞いて悟った。その馬のひずめの踏み鳴らす音のため、他のエラムの子孫の数えられた数にしたがってわれらにシオンの歌を作ってこれに言う、天の穀物をかすめていますならば――。しかし、雲がこれを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる