ふるさと納税で日本を元気に!

秋野衣里佳さんに送る雅歌

秋野衣里佳さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

女がひとりの男でも女でも、『主に犠牲としてささげるが、わたしを思い出して、主がとこしえに聖別するため、それを聞いたので、帰っていってニネベにいたからです』」。このとき祭司たちはその夜そこに宿りましょう』と舌をもって満たし、ペリシテびとゴリアテを殺した兄弟アビメレクの上とバビロンに住む者よ、恐れのあまり消えうせよ、北からくる民の手に引き渡したので、難問を解くことができ、この民が、『つるぎ、または鋭い矢のようだ、彼らの堅固なものを得ない。心に知恵ある者となり、サラは女の源

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる