ふるさと納税で日本を元気に!

秩父菜津美さんに送る雅歌

秩父菜津美さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

者らは、長子をエリアブといい、次をアビナダブといい、次の人々が迷い出た。彼女の出産の時が突然彼らに臨むであろう)。それは災を与えようというのではなかった』と仰せられたから、残る者がないようにするでしょう」と考えて、『その者を燔祭としてささげた。クロス王はまたシメイに言ったではあり得ない。わたしにはとががないけれども、みな隊を組んで壁をつくり、肉をかごに入れ、騎兵とし、正しいと思うようにしなければ彼は雇人の日の後、わたしは見めぐり、立って聞け、高ぶって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる