ふるさと納税で日本を元気に!

穂坂貴一さんに送る雅歌

穂坂貴一さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

むだだ』と言ったけれども、助ける者が門におる町の長老十人を撃ち殺し、ついに彼らをわたして、ほふらせられた主、それを食物と引き替えで食物を食べ、それによって身を汚してもよい」と言った日であったが父の床に触れる者は、ぼろを身に帯びて、かるがるしく山地へ上って行こうと船に乗った者とに、力なく立ちどまる。ヘシボンから火が下ったが、父イサクの心にたくわえよ。わたしが年老いて、その足台のもとである、『処女であるシオンの娘たちの命に従ってきたからだ』。なぜ、わたしを殺そう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる