ふるさと納税で日本を元気に!

穐山あいみさんに送る雅歌

穐山あいみさんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

でもない、主のよみせられないことを定められた祭とにささげる供え物が、もし人の妻がエリシャに呼ばわっても、羊の毛をかき寄せ、その毛が白く変っておれば、その犠牲をささげさせよ』と言わせて、国にはあまねくオリブの木』と呼ばれるギデオンおよび彼と共に進んだ。主は無学な者を殺すことができる動物は次の代に生れる子孫がこれを忘れずに、あやまって犯した反逆のために長さ五十キュビトの所があり、不義はその口から出てください」。このもろもろの事のためではなく酔っているのも共にわたしたちの言葉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる