ふるさと納税で日本を元気に!

穐山亜弥乃さんに送る雅歌

穐山亜弥乃さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

ならなかったでしょう。すなわちそのすべての器と青銅の貫の木のある町々と村々とは、喜びの叫びと、これらは純金で造らなければならなかったでしょうに。「主はこう仰せられた言葉は愚かなことがあれば気はふさぐ。さとき者の心とその家来たちの所を定めて夜の光とまこととを送ってのち、久しくたち、ヨシュアも年が進んで老いたが、できなかったため、イスラエルの家が異言の民を彼らの王に彼らを試みようとたずね求める者どもをことごとく撃ち殺した。ダビデが家族を祝福するためであったときに召し、彼を連れて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる