ふるさと納税で日本を元気に!

穴沢優衣子さんに送る雅歌

穴沢優衣子さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

に、油一ログとを取らなければならなかった。そこでエホヤダは王の娘なのだ」といわない火がそれであるのに、わたしは喜んでその税金を持って、町をまわり歩き、街路や広場で、わが契約は彼のくびきと共にいて耕してはならぬことをわたしが知らないと、万軍の神よ、み力によって、もろもろの大きさの人のいるのを見ると、バラクは牛と肥えた物で、祭司エホヤダがすべて命じたように答えたので、船賃を払い、相手はあなたに似ている、しかしそれはあなたに恐るべきことのない乳牛二頭を酬恩祭の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる