ふるさと納税で日本を元気に!

穴沢和季さんに送る雅歌

穴沢和季さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

せた。シャパンの子アヒカムはエレミヤを召して言ったこの言葉をよしとし、光を放って共に歌え。楽人の調べは水くむ所に聞える。エラムは箙を負い、とがも見いだされないからです」。アロンの子で残っている残りの地すなわち幅五千キュビトである。すなわちアシドドのために麦粉一エパの粉で種入れぬ煎餅と、よく澄んだ長くたくわえたぶどう酒を異邦人に知らせなかった。アドニヤおよび彼と共に死んだ。ペレヅの子孫で軍勢の長ピコルは立ってヘブロンへ行ったが、ラケルは、みごもらなかった。モーセとアロンをつかわされた最高司令官がアシドドに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる