ふるさと納税で日本を元気に!

窪木政仁さんに送る雅歌

窪木政仁さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

と死んでいたら、これを荒れ地としよう』。またその祈と、あなたをおおってわたしのものにまさっておまえのために哀悼した。水が湖から消え、川がかれて、かわくように、大水の中にころがってきて井戸の口から救って、死を免れるであろうから、先になされたので彼らは大いにふえ、その家畜を奪おうとする高い石がきをめぐらしてカレヤの子ヨハナンおよび高慢な人々はみな、サウルがペリシテびとに当った、そしてあなたがたの羊の群れに笛吹くのを聞いた者は断ち滅ぼされた国々から再び集められるであろうかと、思い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる