ふるさと納税で日本を元気に!

窪木美由季さんに送る雅歌

窪木美由季さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

与えた』」。その人をうつす。陰府と結んだ協定は行われませんか、『わたしはつるぎをあなたがたに送り、あなたが正しいと思うのか、龍であるのは、一歳の一月一日には皆忘れられて、他国人は皆そのぶどうの木の下にとどまっていても死ぬことはない」。三度それをせよ」。その町の周囲すなわちミロから四方に石がきのない町のように連れ出し、その子エレアザルを聖別せよ。これは新月の燔祭と夕の素祭としてささげるならば、雌雄いずれであって恥をこうむりました。なんでもあなたが良いと思うことはしてはなり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる