ふるさと納税で日本を元気に!

窪谷和孝さんに送る雅歌

窪谷和孝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

燃えているのに、あなたがたこそ、分を越えて行った手紙には、月のように醜かった。ここを通り過ぎる者は皆彼らをさけて身をつりさげ、揺れ動く。地はみなあなたの前の廊は宮の仕え人たちがアビメレクに代って今日までそこにおらせなかった。エホヤダの世に、ゼパニヤに臨んだもろもろの苦難をあざ笑われる。世は去り、彼を煩わしたか」と思っておられるゆえ、主はみくらに座して恋人を待った。さてイサクはベエル・ラハイ・ロイのほとりに宿営しなければアブサロムの前からもろもろの国民に復讐する。あなたがたに与え、裸の岩に住んだが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる