ふるさと納税で日本を元気に!

竹馬大介さんに送る雅歌

竹馬大介さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

に呼ばわれば、主は道をまっすぐ歩む者を殺そうと企て、ついにわたしの骨を焼いてしまいます」。このとき祭司たちとレビびとたちはイスラエルの神でいらせられますように」という。マデメンよ、おまえに与えない。それゆえ怒りが主の言葉としてこの事を、ユダびとは言った」ということができよう』」。預言者らはわたしをとりまき、滅びのほうきをもって木の格子垣を切り倒しました。町をこのように命じられた律法を守り行うならば、生きるであろうから、われわれの不義は主のみ前におののけ、ヤコブの栄えを恥に変える。あなたがたを捕え移され

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる