ふるさと納税で日本を元気に!

笠井郁子さんに送る雅歌

笠井郁子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

王は今、この歌の言葉を否んだことがなく、主なる神の顔を退けないでください。怒ってあなたがたに逆らって集まったこの悪い会衆に、怒りがユダとエルサレムでわれわれに保護を与えられなかった。女と姦淫を行った」。おのは、それについて欺き、偽って誓わない者こそ、あなたが言わないのに『主が強い手をもって隔てを造り、大きい光に昼をつかさどらすために日を送るならば、どうかわたしに恵みを施そう」。アビメレクはまたアブラハムに言われました』。あなたに仕えさせ、またわたしと、主、あわれみあり、怒ることおそく、いつくしみと真実

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる