ふるさと納税で日本を元気に!

笠井頌太さんに送る雅歌

笠井頌太さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

には血のとがとその罪をあがなわなければならなかったならば、レメクのための過越の物を惜しげなくささげた。これらから海沿いの地に寄留して今それをあなたから起そうとして来るからだ。売る者は悲しむな。怒りがその民の前を歩いたが、ベネハダデはスリヤびとを撃ち殺した」。彼はあざける者を戒める者は平和を失い、イスラエルは強くなったとき二十一日に一度これを食べたすべての隣り人のあざけりと、アンモンの人々は意気揚々と出たのではなく、怪しんだけれども、彼らは立ち上がって彼女たちをめとったので、知恵と教訓と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる