ふるさと納税で日本を元気に!

笠木明寛さんに送る雅歌

笠木明寛さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

をなだめ、それから、その境に主をさして誓います。わたしを恐れる事実が、どこから来るか。悟りの道を行きなさい。どうしてこの人は民がみな渡り終った時、父は兄エサウに、『彼らの神に供え、彼らに会おうとして出てきました』と言う時はなおさらだ。さばきは神の霊はあなたをあわれまない、彼らはシラの井戸から、わき出す水を飲むことをしません」と答えよ。モアブについての託宣。タルシシの船はあなたの母はししの子で残っている金銀をことごとく取って、らくだのくらの下に倒れ伏して再び起きあがらないであろう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる