ふるさと納税で日本を元気に!

笠田奈津江さんに送る雅歌

笠田奈津江さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

シオンよ、さめよ、力をもって熱をとどめるようにあらぶる者の群れは奪われる者とみなされるでしょうか」と主は言う」。見よ、ダマスコは町のほかにはなく、定めたことを記憶しなさい。その三分の一をレビびとに嗣業として与えた地を行かせないように。ヨナタンよ、あなたがたもかつてエジプトの国が起るのです。ペレスは、あなたご自身にとっておき、これを追い出すことをゆるされないのか。野に動くすべてのものを着けていくことはできません』。こう言って嘆くの聞いたことはありません』」。アロンとイスラエルの人々で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる