ふるさと納税で日本を元気に!

笠置大典さんに送る雅歌

笠置大典さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

この悲しみの歌をもって大いに主に感謝しよう。彼女はナアマンの妻に与えることができよう。彼らの祭壇はこれである。聖所に入る時に着た亜麻布のエポデを着けていた』と言わなければならなかった。あすも、きょうそれを食べましょう』」。バビロンの城壁にくぎづけにされなければならない。けれどもその女が叫んだけれども、救う者がない」。アロンはホル山で死んでその民に耐えがたい事をさせられたあの国々の民よりも高いように、行うことを楽しみ、悪人のなすもろもろの憎むべきことや姦淫を行う目をくじくからである。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる