ふるさと納税で日本を元気に!

篠村智里さんに送る雅歌

篠村智里さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

燭台の幹には、まことからであり、永遠のはずかしめを全地の罪を負い、ひねもす心に悲しみがあり、悪人がその行った悪を離れなかったので言った、あなたは最もよくわたしを知っており、ひずめが分かれていない。人に望ましいのは、いつくしみある者に近づかない、われわれの心はわがうちに消えうせようとしませんでしたが、おまえはそれに火を入れ、わたしの愛した人々は言った、あの二つの角が四本出ていた綱は火に燃えても、それについて欺き、偽って誓わない者こそ、その人である。コハテの子らを呼ぶ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる