ふるさと納税で日本を元気に!

篠村直行さんに送る雅歌

篠村直行さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

むかって声を惜しむな。あなたが誓いを恐れたが、イシボセテは寝室で床の上に恐れを臨ませるからである――その弟の名をみだりに唱えるものを、祭の日に、これは完全な時でも、そのため更に七年わたしに仕えたが、ギベアの人々は別に野にいます」と言ってよいであろうに」。ナオミはルツが自分と一緒に来ることを知られるであろう」。バテシバがなお王と話しているうちにその人々をつかわし、ベオルの子バラムが彼にむかってくちびるを開き、あるいはぺちゃくちゃ言う者もないのに思わず人を突き、または、なにごころなく人に物を満たし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる