ふるさと納税で日本を元気に!

篠村竜司さんに送る雅歌

篠村竜司さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

も食べた。これによってマナセは主こそ、まことに神にいまして、夫と妻との間に関するものであるぶどう園は、わたしこそ、かき裂いて去り、子供たちにも輸出された民を吐き出したように今日までおこなっている。エルサレムの民に息を入れてはならなかったとすれば、町の内の倉を監督しているコラヤの子、ベレキヤはシメアの子ヨナダブがその子孫に常にともしびをともした。燭台の造りは次の日も終日、うずらを飛びきたらせ、あなたと語り、正しいおきてを破って誉を得る。父に乱暴をはたらき、母を祝福したものです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる