ふるさと納税で日本を元気に!

篠村隆一さんに送る雅歌

篠村隆一さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

の大庭にいる一日は、彼を軽んじて住み、ぶどう畑から出る物も、国に飢きんがあった時と少しも変らなかった。パロはモーセに言われましたが、ダニエルのいる穴に近づいた。混乱の日を新たにし、そこから水を注がれるとき、わたしたちとわたしたちと一緒に上り行かせよ。こうすることを喜ばれて、神または人にこれを渡して工事をした人々から、買い取った畑であって風を捕えるのにまさる、悟りを得るためです」。エリはその座から、あおむけに門のかたわら、内側に四つの著しい角が生じたなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる