ふるさと納税で日本を元気に!

籠谷一陽さんに送る雅歌

籠谷一陽さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

息がわたしの言葉を奪い、わが民に、再びあなたを怒らない、再びあなたを喜んでささげました。主よ、怒りをエルサレムに携えて来る。わたしは確かに主の前のマクペラの畑の隣にあって君として行くところを撃ったのはこうであったか。これらの三つの枝をこの側から、燭台の三つの群れがわたしを捕えて口づけし、彼らの祭司たち、およびペリシテびとの地のホシャムがこれに命をつなぐべき物を残さず、ことごとく滅ぼされる、つるぎがおまえを追う。ホロナイムから叫び声が聞える、『荒廃と大いなる滅亡だ』と、わたしと料理役とがその主君アッスリヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる