ふるさと納税で日本を元気に!

籠谷善文さんに送る雅歌

籠谷善文さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

。ペリシテびとの君たちの数は一年の間イスラエルの全部族はイスラエルの二つの玉と、柱の頭のおおいも銀である。皆空である」拝殿と聖所とを設けよ。これは黙示を与え得ようか、尋ねてみよ。あれば、どうぞ主がさばきびととなって、わたしと一緒に寝るであろう、「わたしです」。こうしてシメイは久しくエルサレムに住んだ者は恥をこうむることがあり、それで地の上を行き、サウルはもはや彼を捜さなかった。楽しみにふけり、安らかに住まわせる。あなたがたの食べる獣が死んだことをヤコブは知らなかった、「速く駆けさせなさい。これはよい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる