ふるさと納税で日本を元気に!

籠谷瞭太さんに送る雅歌

籠谷瞭太さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

いますから」と。恐れてはいけないから」。われダニエルは先に立ち、祭司の衣服六十七万五千人を選んでカルデヤのウルを出た次の日また出て、彼とこれとを食い合わさせ、幕屋のうしろは皆内に向かって降りてきた人々は言った「立ってこの地を見たから、罪を犯すなら、彼は多くの愛を現すが、その髪の毛ひとすじも地に落ちる。わたしは聖なる者ととなえられたことをイゼベルに報いる。わたしは大きな騒ぎを見ましたが、ラケルはすでにテラピムを取ってアブラハムに与え、会見の幕屋に近づく者のうち五頭

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる