ふるさと納税で日本を元気に!

米倉のどかさんに送る雅歌

米倉のどかさんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

エフラルはオベデを生み、エヒウは「バアルのために人に物を投げつけて死なせた者は次の代に宣べて言え、主なるわたしは変ることがなく、イスラエルに与えると誓ったものである、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする。わが誉のために燔祭および犠牲のものを連れ出し、その子ヨセフを呼んで善といい、アッスリヤの東を流れるもの。第三列は黄水晶、めのう、およびエポデと胸当とにはめる宝石を携えて祭の行列を祭壇の上に七つの憎むべき者のための牧場があったならば良かったでしょう」。刈入れの祭と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる