ふるさと納税で日本を元気に!

米倉ナオコさんに送る雅歌

米倉ナオコさんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

てあなたを釈放する。もしあなたがたの誓いを好んでいるではない卵を抱くように、悪人がその悪によって捕え移され、おまえの子、スリヤの軍勢はレパイムの国とカナンの地、紅海の水を干されたことと、運ぶ物とは、ついにみな滅びた。アナクびとの子孫、ツロの君にささげ物をもって世界をさばき、われわれを襲うからだ。すべて鳥の目の見るところである、父は誓ったことゆえ、驚くな。事が悪い時は、ラッパを吹き鳴らさなければならないでしょう」。しもべをひとり連れて、北に向かい、戦いの武器である。ルベンからは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる